だんご|東京都

団子

今なお残る江戸の名物!縄文時代から日本人が食してきた国民食

概要

古くは、縄文時代から日本人が食していたと言われてる「団子」。当時のものは、クヌギやどんぐりを粉にして、水にさらしアクを取り除き、土器などで団子状にしたもの。奈良時代には、米粉をこねて丸めたものをゆでて甘味料を塗った「団喜(だんき)」というものを遣唐使が持ち帰り、仏前のお供え物として使っていた。江戸時代になると、厄よけとして団子が売られようになり、広く庶民にも親しまれるようになる。現在、都内には歴史ある団子の名店がいくつもあり、隅田川近くの言問団子や柴又の草団子などの名物団子の味を守り続けている。

PAGE TOP