やまぐちういろう|山口県

山口ういろう

プルンとした食感の大内文化を伝える雅な和菓子

概要

室町時代に、「外郎薬」が中国から伝わり生まれた菓子が外郎だといわれ、山口でも大内氏統治時代に作られるようになった。各地の外郎が米粉を使うのに対して、山口ではわらび粉や葛粉を使い小豆餡と混ぜて蒸すため、軽い口当たりが特徴。山口市内各店で販売。

基本情報

ジャンル お土産
地域 山口県山口市・宇部
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP