よねやのようかん|千葉県

米屋の羊羹

成田山新勝寺の名物といえば、やっぱり日本初の栗羊羹!

概要

成田山新勝寺の参拝土産としてもその名を知られる、明治32年(1899年)創業の米屋が製造販売する千葉銘菓が、米屋の羊羹である。その創業は、初代・諸岡長蔵が成田山新勝寺の精進料理「栗羹」よりヒントを得て、下総台地の芝栗を煉り込んだ栗羊羹を日本で初めて考案し、販売したことに由来する。厳選した素材を伝統の製法でじっくりと煉り上げ、美しい色艶と深い味わいを引き出した羊羹に、たっぷりの栗をいれ、どこを切り分けても栗が出てくるその羊羹は、まさに100年以上愛される千葉を代表するお菓子である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 千葉県成田・佐倉
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP