みそづけまんじゅう|埼玉県

味噌付けまんじゅう

秘伝の甘味噌ダレと餡がベストマッチ!モチモチ食感の焼き饅頭

概要

手軽に食べられる和グルメ。江戸時代に西川材をいかだで運ぶ職人達が弁当として食べていた焼き饅頭が起源だと言われている。その弁当というのは、蒸した酒饅頭を夏場でも腐らないよう表面に味噌を塗って焼いたもの。現在の「味噌付けまんじゅう」もほぼ同じように、串に刺した酒饅頭を焦げ目がつくまで焼き上げ、味噌だれを付けている。皮の部分は香ばしくモチモチ。秘伝の甘味噌ダレと饅頭の餡が見事にマッチしており、クセになる味わいを生み出している。

基本情報

ジャンル お土産
地域 埼玉県大宮・浦和・鴻巣熊谷・深谷・行田秩父・長瀞川越・東松山飯能・所沢春日部・越谷・久喜
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP