にしんづけ|北海道

にしん漬

厳しい冬を乗り越えるための保存食

概要

野菜の甘み、にしんの旨味が口いっぱいに広がり、シャキシャキとした野菜の食感も楽しめる一品。
身欠きニシン、キャベツや鷹の爪などで作る漬物。北海道ではお正月に、にしん漬けを食卓の中心に置いて食卓を囲む食文化がある。塩分濃度はさほど高くなく、米麹を使用しているため長期間漬け込むと発酵が進み、ほどよい酸味とにしんの独特の風味が特徴である。

【歴史・由来】
寒さ厳しい北海道の冬支度として、野菜を長く食べられる工夫が必要となる。その一つの方法として、凍りにくく、凍っても美味しく食べられる漬物として考案されたと伝わる。

【食べるシーン】
ご飯のお供、酒の肴として。

【作り方】
下ごしらえしたニシン、白菜やキャベツを、冷蔵庫で数日寝かせて完成。

【提供店】
漬物屋やお土産物屋での販売

【豆知識】
にしん漬けの他にも、北海道にはニシンの卵である数の子とスルメイカ等で作る松前漬けや、鮭や蟹で作るはさみ漬けといった海産物を用いた漬物がある。海産物を使う漬物は全国的にも珍しい。ニシン漁が盛んだった留萌市では、NPO法人留萌観光協会が定期的ににしん漬体験のイベントを開催している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP