さごはちづけ|福島県

三五八漬

塩3、こうじ5、むし米8の漬け床に、旬の食材を漬け込んで…

概要

東北地方で古くから作られる甘酒に塩を加えた漬け床のことで、福島県会津地方独特の漬物。塩3、こうじ5、むし米8の割合で混ぜ合わせて作ることから、「三五八」と名づけられたといわれている。夏にはきゅうりやナス、冬にはカブ、ダイコンなど、旬の野菜を漬け込む。また、魚や肉なども漬けられ、一年中、麹の自然の甘さとやさしい香りが楽しめる。ぬかを使用しない漬け床のため、匂いがやさしく、毎日かき混ぜるような手間もないので、比較的簡単に作ることができる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方福島市周辺郡山いわき・相馬南会津白河
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP