うめぼし|神奈川県

梅干

肉厚で皮がやわらかく、種が小さいのが特徴。適度な酸味が人気

概要

戦国時代に、当時の小田原城主であった北条早雲が梅を愛し、場内や武家屋敷などに梅を植えたことから、小田原は梅の名所として知られるようになった。当時は花を楽しむより、戦時中の食料を確保する目的もあったそうだ。こうして名物となった小田原の梅は肉厚で、種が小さいのが特徴。肉離れが良く、皮がやわらかいため、梅干に最適で、この地方では6月下旬頃から梅干を作り始める。適度な酸味と、まろやかな味わい、もちはだな肉質で人気が高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県小田原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP