かぶらずし(さば)|富山県

かぶら寿し(さば)

キメ細かく食感抜群の富山産かぶに新鮮なサバをはさんだ郷土料理

概要

きめが細かくて食感がよい富山県産のかぶに、新鮮な鰤、鯖をはさみ、糀で漬けこんだかぶら寿しは、秋冬季には欠かせない郷土料理として親しまれている。越中富山藩は加賀金沢藩から分藩したため、文化的には金沢藩と共通する点が多く、かぶら寿しもその一例だ。 富山県下の特に西部でよく製される富山のかぶら寿しは、製法も調整時期も加賀のそれとほぼ同じであるが、ブリと並んでサバをもよく使うこと、添えるニンジンを花切りにしないこと、カブを輪切りにせず、乱切りにして魚と混ぜることが、加賀のかぶら寿司とは違う点である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 富山県富山市周辺・八尾黒部・宇奈月高岡・氷見砺波・五箇山
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP