はならっきょうづけ|福井県

花らっきょう漬

小粒で歯応えのいい花らっきょうを、独自の味付けで漬け込む

概要

明治初期、砂の飛散を防ぐため三里浜で自給の作物として栽培したのが始まりといわれる花らっきょう。主に、福井県北西部に位置する砂丘地帯、三里浜で栽培されている。あえて厳しい冬を2回越すことで、粒が細かくなり、シャキシャキした歯ざわりが楽しめるのが特徴だ。「花らっきょう漬」は、6~7月に花らっきょうが収穫されたあと、根と茎を切り落とし塩漬けし、再度上下の部分をカットしてから塩抜きを兼ねて粗漬け。さらに、はちみつ入りの独特の調味液に漬け込んで作られる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP