はすかっぷ|北海道

ハスカップ

甘酸っぱい味と香りが特徴の北海道の固有種。ジャムやワインで

概要

和名は「クロノウグイスカグラ」といい、アイヌ語の「ハシカップ」がハスカップの由来。5月中旬にクリーム色のかわいらしい花を2つ付け、果実は6月から7月に黒紫色に熟し、長さ1センチの楕円形になる。実は、ビタミン・鉄分・カルシウムを豊富にたくわえ、独自の甘酸っぱい味と香りが特徴。北海道でのみ自生する落葉低木の植物で、スイカズラ科に属する高さ1m程の低木。果実はブルーベリーに良く似ており、主に、ジャム、ソース、ワインなどに加工される。ビタミン・鉄分・カルシウムも豊富。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
6月 7月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP