あつみたくわん|愛知県

渥美たくあん

やわらかく歯切れの良い干し大根が、風味豊かなたくあんに変身!

概要

渥美半島は、大根栽培に向いている土壌と、冬の季節風が干し大根作りに適していたため、昭和に入り、漬物の原料となる大根栽培が非常に盛んになった。「渥美たくあん」の大根の品種の9割は、「阿波晩生」という品種で、頭の部分もやわらかく、歯切れも良いのが特徴。大根を干した後、米ぬか、柿の皮、なすの葉、昆布、唐辛子、塩などを入れたぬか床に1年間漬ける。風味豊かで自然の甘みと香りがよく、最盛期には日本一の出荷量を誇っていたが、現在では入手困難となっている。関係者がブランドの再復活に努めているというから楽しみだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県名古屋犬山・瀬戸・一宮岡崎・豊田・奥三河知多半島・常滑豊橋・渥美半島蒲郡・碧南
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP