ようかんづけ|三重県

養肝漬

「肝っ玉を養う漬物」として武士や忍者が食したという歴史ある味

概要

伊賀盆地特産の白瓜の芯を抜き、その中に紫蘇・生姜・大根・きゅうりなどを細かく刻んで詰め、たまり醤油にて昔味で2年、新味で1年の間自然熟成させた漬物。藩主藤堂高虎が陣中に食料として常備し、武士の志気を養う、つまり「肝っ玉を養う漬物」という意味で「養肝漬」と名づけられたという。また忍者の携帯食であったとの言い伝えもあるそうだ。約2年間かけて作られるものもあり、手間隙かけられた漬物は、今では伊賀ならではの土産としても人気が高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP