きっちょむづけ|大分県

吉四六漬

吉四六さんの故郷で生まれた、しょうゆもろみで漬けた逸品♪

概要

多くの人が一度は耳したことがある「吉四六(きっちょむ)さん」。とんちで有名な吉四六さんのふるさと、大分県を代表する漬物が「吉四六漬」だ。大根やニンジンなどをしょうゆもろみで漬けた一品でこりこりした歯ごたえに、もろみの味がマッチする。「農作業の後にぴったり」と農家の間で人気だ。吉四六さんは、約300年前に大分県臼杵市野津町に実在した豪農で、本名は広田吉右衛門という。県南の佐伯市には昔からしょうゆ工場があり、しょうゆもろみの漬物は庶民の味として昔から根付いており、これが吉四六漬の原形となった。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP