こいこく|長野県

鯉こく

発祥は江戸時代!鯉と味噌の風味が特徴の「おもてなし料理」

概要

輪切りにした鯉の身を具とするみそ汁。中部地方から東北地方内陸に伝わる料理だ。もとは臭みのある様々な魚を濃醤(こくしょう)という味の強い味噌で煮込んだ料理をさした。風味豊かな信州味噌とやわらかな鯉の身が特徴で、客人をもてなす料理だったと伝わる。鯉の脂と味噌の風味が織り成す味わいは独特でクセになる。鯉の身はやわらかい白身魚のような食感だ。

【歴史・由来】
鯉こくの「こく」は、「濃漿(こくしょう)」に由来。味の強い味噌で仕立てた汁物料理をさす。古くは江戸時代から鯉やウナギなどを用いて作られていた。また、江戸時代より田んぼで鯉を育てる習慣があり、鯉食文化が発達した。鯉の「あらい(お刺身)」、「うま煮」、甘酢あんをかけた「丸揚げ」など様々な料理がある。

【食べるシーン】
来客時やお正月、ハレの日に食べることが多い。

【作り方】
・酒、みりんなどで調味した出汁で鯉を煮込む。
・火をとめ味噌を溶き入れる。

【提供店】
佐久市内の旅館、飲食店など。

PAGE TOP