そずりなべ|岡山県

そずり鍋

独特の食肉文化が根づく津山市発!牛肉の旨みをとことん生かす鍋

概要

そぎ落とした骨周りの牛肉、豆腐や野菜などを醤油ベースで煮込む鍋料理。そぎ落とすことを津山の方言で「そずる」と言うことからその名が付いた。とろとろに煮込まれたそずり肉が舌の上でハラリとほどけ、後引く旨さ。そずることでより旨みがしみわたり、牛肉も余すことなく使用できる、先人の知恵が光る逸品だ。

【歴史・由来】
津山は昔から和牛の産地で食肉文化が古くから定着していることから、そずり鍋をはじめとする肉の旨みを生かす料理がたくさん考案された。

【食べるシーン】
寒い日に複数人で集まって食べる。

【作り方】
そぎ落とした骨周りの牛肉、豆腐や野菜などを醤油ベースで煮込む。

【提供店】
大衆肉酒場いぶし銀、炙家 ぼっけもん、焼肉 備山、その他津山市の焼肉屋。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岡山県津山・美作
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP