あんこうのどぶじる|福島県

アンコウのどぶ汁

水を加えず旨味が凝縮。海のフォアグラ「あん肝」でつくる郷土鍋!

概要

福島県南部の浜通り地方に伝わる漁師料理。漁師たちが船の上で食べていたと伝わる。アンコウは「東のアンコウ、西のフグ」と称される高級魚だが、昔はたくさんのアンコウがとれた。漁師たちはアンコウと野菜から出る水分だけで作ったどぶ汁を食べて体を温めていたそうだ。旬となる冬を迎えると、飲食店にアンコウが並び、さまざまな料理で親しまれている。野菜とアンコウの水分だけでつくるどぶ汁は栄養価が高く低カロリー、水を加えないため凝縮された旨味が特徴だ。

【歴史・由来】
沖に出た漁師たちが貴重な真水を用いず、アンコウと野菜から出る水分だけで調理していたと伝わる。「どぶ汁」の呼称は、あん肝が溶けだした出汁が「どぶろく」のように見せることから、その名が付いたといわれる。

【食べるシーン】
アンコウが旬を迎える寒い冬に食べる。

【作り方】
・アンコウの下処理をする。
・土鍋を熱してあん肝を入れ溶かす。
・酒や味噌を加え、アンコウの身と季節の野菜を加えて煮込む。

【提供店】
いわき市を中心とした太平洋沿岸地域の和食料理店など。アンコウの旬の時期になると、いわき市総合観光案内所にて手づくりの飲食店マップを配布している。

【豆知識】
アンコウは深海魚で表面がヌルヌルしており、体も大きいため、まな板の上ではさばきづらく、つるしてさばく「つるし切り」で調理される。また、捨てるところがほとんどなく、アンコウの身、肝きも、胃 、卵巣、皮、ひれ、えらは「アンコウの七つ道具」と呼ばれ、骨以外はすべて食べることができ、部位によりさまざまな食感を楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方福島市周辺郡山いわき・相馬南会津白河
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP