とうきょうとのもつなべ|東京都

東京都のもつ鍋

サラリーマンの頼もしい味方! 今では東京の定番鍋

概要

福岡の郷土料理であるもつ鍋だが、90年代に東京に進出しはじめたことでブームとなり全国的に名が知れ渡った。主に、牛もしくは豚の腸である白もつを野菜とともに煮込んだ料理だ。噛み切れないような独特の食感に夢中というファンも多い。全国から個性的なもつ煮が集まったことで、いいとこ取りの進化を遂げている。味つけは味噌味か、にんにく醤油味が基本だが、塩、辛味噌、チゲ、豆乳などそのバリエーションは限りない。旨くて安く、酒に合うことから、今では居酒屋にはかかせない大衆メニューとして親しまれている。

PAGE TOP