わかくさなべ|奈良県

若草鍋

奈良公園内の風雅な旅館が考案 文豪が命名した名物料理

概要

山盛りのほうれん草を土台とし、伊勢エビやタイなどの海鮮や野菜、湯葉ほか20種以上の素材を山状に盛り付けした鍋。特別にあつらえた土鍋と炭で煮込む。かつおと昆布がベースのあっさりとした出汁に、食材の旨みが広がり、その味わいはなんとも深い。ほうれん草を新緑の若草山になぞらえ、志賀直哉により命名されたこの料理は、奈良市の旅館「江戸三」でのみ味わえる。料理の提供される10月から3月にかけては食通が全国から足を運ぶ。明治時代より文人や著名人に愛された名物鍋を趣のある和室で食べる。最高の贅沢と言えるだろう。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺
1月 2月 3月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP