なかみのすいもの|沖縄県

中身の吸物

豚の中身を食すお吸い物 名前に反して慶事にも供する上質の一品

概要

「中身の吸物」は沖縄の方言でナカミヌウシームンといい「中身汁」または「中味汁」とも呼ばれる伝統料理。中身とはずばり、豚の内臓のこと。豚の胃や腸をカツオの出汁に煮込み、醤油と塩で仕上げる。古くは臭みをとるのに大変な手間と労力がかかったが、今では下処理した「中身」が店に並ぶ。上品な器に盛り、慶事や正月などに縁起料理としても振舞われる。あっさりとしたすまし汁で、しょうがやねぎを薬味にする。栄養が豊富な「中身」は短冊状に切り、独特の食感も楽しめる。具を沖縄そばにのせた「中身そば」もある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP