てびちじる|沖縄県

てびち汁

沖縄特有の味噌汁 骨ごとじっくり煮込んだ味わい深いてびち汁

概要

「てびち」とは豚足のこと。その昔、食糧不足が続いた沖縄では、少しの食材も無駄にせず食す文化が根づき、豚の臓物や足にいたるまであらゆる料理が今も残る。「てびち汁」はてびちを使ったメジャーな料理のひとつ。下処理したてびちを昆布や冬瓜などと煮込み、味噌で仕上げたスープ。泡盛やしょうがで臭みのとれたてびちはプルプルの食感が独特で、カツオ出汁のきいたスープがやさしく広がる。ゼラチン質を豊富に含む豚足はまるでコラーゲンのかたまり。おのずと美肌効果が期待できる。県内のスーパーなどでレトルトも販売されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP