からしな(しまな)|沖縄県

カラシナ(島菜)

カラシナを塩漬けにするのが沖縄流  栄養たっぷりのさっぱりした風味

概要

沖縄の方言で「シマナー(島菜)」と呼ばれる「カラシナ」は、古くから親しまれている伝統野菜。「芥子菜」と書く名の通り、独特の辛味が特徴。種子からは和からしがつくられる。沖縄特有なのが、辛味をやわらげるために塩漬けにすること。塩漬けしたカラシナは「チキナー」といわれ、香りが高くなりさわやかな風味が増す。チキナーをツナ、スパムなどと炒める料理は家庭でよく食される定番の一品だ。島豆腐と炒めたチキナーチャンプルーはお酒のつまみにぴったりで、沖縄らしいメニューとして観光客にも人気がある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP