うりずんまめ|沖縄県

うりずん豆

切った断面を見るだけでも楽しめる沖縄の「うりずん豆」

概要

切ると断面が四角い形(人型にも見える)をしている「うりずん豆」。”うりずん”とは、4月の新緑が一斉に芽吹く季節を表す沖縄の方言で、「うりずん豆」の色が新緑の薄緑色をしていることから名付けられたという。「うりずん豆」は1980年台に夏の野菜不足を補うために、旧農水省に奨励されて沖縄に入ってきたといわれ、それ以来垣根や家庭菜園で栽培される姿が見られるようになった。味はほろ苦いサヤインゲンのようで、基本的には熱を通して調理に用いられ、味噌汁に入れられたり、サラダや炒め物の具としても活躍している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
4月 5月 6月 7月 8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP