くわんそう|沖縄県

クワンソウ

民間療法とともに沖縄に根付いてきた「クワンソウ」

概要

「クワンソウ」とは、沖縄を始め日本の南西地方で見られるネムリグサの一種。沖縄地方では「クワンソウを食べるとよく眠れる」という話が民間療法として伝わっており、民家の庭に植えられて、日々の疲れが抜けず眠れそうにない夜に食べたりと、古くから人々に親しまれてきたようだ。「クワンソウ」の調理法は幅広く、花や茎をおひたしにしたり、炒め物の具にするといったポピュラーなものから、ハーブティーのように煎じてお茶にするといった楽しみ方もあり、様々なスタイルで楽しめる食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP