あぼうきゅう|青森県

阿房宮

色、味、香りを華やかに演出する食用菊「阿房宮」

概要

「阿房宮」とは、秦の始皇帝が立てた宮殿”阿房宮”の名を冠する食用菊。抜群の香りと甘みを持ち、シャキシャキとした食感が楽しめる食材で、青森県の南部町周辺では江戸時代から「阿房宮」を食用として栽培してきた。「阿房宮」の収穫時期はその満開時期である10月下旬~11月に行われるが、他の食用菊と違い収穫されたあと、その大半を保存が効く干し菊に加工するという風習がある。これは「阿房宮」のあざやかな色とかぐわかしい香りを一年中楽しみたいという先人の願いと工夫が風習となって残っているようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県八戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP