がざみ|東京都

ガザミ

たっぷりと詰まった身が愛されている食用ガニの代表!

概要

ひし形の甲羅を持つカニで、甲羅の大きさは15センチを超えることもある大型のカニ。波が穏やかな内湾の水深30メートルほどの砂泥底に生息するため、比較的捕獲しやすく、身が詰まっていて、美味なことから、昔から食用として各地で多く漁獲されており、特に東京湾、三河湾、伊勢湾、瀬戸内海、有明海等が有名な漁場になっている。「ガザミ」旬は1~4月といわれているが、7~9月のメスが卵を持つ時期も食べごろ。春先の時期はたっぷりと身が楽しめるオスを、秋は卵を持ったメスを食べるのがお勧めだ。

PAGE TOP