てらしまなす|東京都

寺島ナス

江戸時代の人気食材が現代に復活!

概要

江戸時代に墨田区向島が「寺島」という地名だった頃に作られていたナス。隅田川上流から運ばれてくる土はナス作りに適し、ここで作られたナスは「寺島ナス」と呼ばれ人気の食材だった。しかし、関東大震災を境に寺島は被災者の住宅用地として使われてたため寺島ナスは徐々に姿を消し、幻のナスとなってしまったが、2009年に向島にある小学校の130周年で作られたのを皮切りに、再び栽培されるようになった。皮厚で中身がぎっしりと詰まった寺島ナスは、炒め物や天ぷらとの相性が良く、ナス独特の風味がしっかりと味わえる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都都内(23区)浅草・スカイツリー
6月 7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP