はなずし|秋田県

花ずし

漬物が食卓に花を添える秋田県の花ずし

概要

ナスと菊の花をもち米でくっつけて作られる郷土料理。「花ずし」といっても、もち米はナスと菊の花をつける程度に使われるだけで、実物は漬物。米を使うため「すし」と呼ばれるようになった。花ずしを作るためには、夏に収穫したナスを2ヶ月間かけて塩で下漬けし、もち米と菊の花、そして彩りと最後のひと味を加える唐辛子の輪切りをのせたら、今度は塩ではなく砂糖を使って1ヶ月ほど漬けて完成する。甘さとしょっぱさが互いに主張しながらもしつこくない「花ずし」は、お酒にも食事にも良くあう絶品漬物だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP