そーきほね|沖縄県

ソーキ骨

沖縄の食に欠かせないソーキ骨。煮付けや汁など、楽しみ方は様々

概要

ソーキ骨とは、骨付きのあばら肉のことを指す。元々ソーキとは、琉球の言葉で笊(ざる)を意味する。豚の肋骨の形状がそれに似ていることから、あばら肉もソーキと呼ばれるようになったのだ。人気の食べ方は煮付け。しっかりと煮込まれたソーキ骨は、肉はふっくらと柔らかく、箸が通るほど骨もはずれやすくなる。食感は最高で、好みの味付けで頂ける。また、大根や昆布、鰹だしで味付けされたソーキ骨の汁も地元で愛されている調理法のひとつだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP