ひないじどりおやこどん|秋田県

比内地鶏親子丼

秋田ではぐくまれるうま味たっぷりの鶏肉と濃厚なタマゴの絶品ハーモニー!

概要

比内地鶏でつくられる親子丼。鶏肉と野菜を出汁で煮込んだものをタマゴでとじ、アツアツのご飯の上にのせたもの。

【歴史・由来】
比内地鶏とは、天然記念物の比内鶏を食肉用に改良した秋田比内地鶏とロードアイランドレッドをかけあわせてうまれた地鶏だ。とても脂がのっており、親子丼をはじめ、きりたんぽ鍋や焼鳥などで食べられる。比内地鶏の味の良さを語るエピソードとして、ふるくは江戸時代に年貢に納められていたと伝わるほど。

【食べるシーン】
主にきりたんぽ鍋やだまこ鍋など、寒くなってくる時期の鍋料理として食されるが、最近では通年を通して楽しむ料理となっている。

【作り方】
・ご飯を炊き、出汁などのツユで比内地鶏と玉ねぎなどを煮込む。
・タマゴでとじ、ご飯の上にのせる。

【提供店】
秋田県県内の郷土料理店など。





基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP