よしのとりめし とりてん|大分県

吉野とりめし とり天

大分の二大名物「吉野鶏めし」「とり天」が丼になった贅沢な一品

概要

チキン大国である大分で、江戸時代から食べられている「吉野鶏めし」と、大分名物の「とり天」をどんぶりにした贅沢な一品。とり天の鶏肉は、国内初の烏骨鶏を掛け合わせた大分で生まれた「冠地どり」を使用。やわらかでジューシーな味が魅力である。とりてん(とり天・鳥天・鶏天)とは、当時の唐揚げが骨付きで食べにくかったのを、食べやすく改良した庶民の食べ物である。鶏肉を一口サイズの天ぷらにし、ポン酢とカラシで食すのが一般的。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP