さけとば|北海道

鮭とば

噛むほど深い味わいが楽しめる北海道の干物「鮭とば」

概要

頭と内臓を取り除いた鮭を三枚に切り離し、塩をまぶしてしばらく置いた後に、寒風の下でじっくりと干して完成する「鮭とば」。北海道に伝わる古来の干物のひとつだが、その起源は古く、アイヌの人々から伝わったものともいわれ、「鮭とば」の「とば」はアイヌ語で”群れ”という意味を持つ「トゥバ」から来たといわれる。噛み応えがあり、噛めば噛むほどに味が出る「鮭とば」はお酒のツマミにも最適で、おみやげ品としても人気がある。

PAGE TOP