ながもち|三重県

なが餅

長さ約12センチ!小豆あん餅を細く薄く伸ばし火で炙った餅菓子

概要

「なが餅」は、その名のとおり、優しい甘さの小豆あんが入った餅を細長く薄く伸ばし、火で炙ってほんのりと焦げ目をつけた餅菓子。餅はひとつひとつ手で薄く伸ばしており、長さはおよそ12センチ。火で炙るのは、日持ちするようにという先人の知恵。軟らかさを残すために、焼いても硬くならない水分の吸収がよい米を厳選。試行錯誤を繰り返した末の製法で作り続けている。「なが餅」の歴史は、天文19年にはじまる。東海道五十三次第四十四宿の四日市宿にある老舗が勢州日永の地にちなんで名付けたと言われている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP