おきんもち|三重県

おきん餅

絹肌のような舌触り◎おきん婆さんが丹誠込めて作ったよもぎ餅

概要

昔、参宮街道のはずれの峠に創業1832年の茶屋があり、そこにおきんという老婆がいた。おきん婆さんがよもぎの新芽を餅について混ぜ、丹精込めて作った香り高きヨモギ餅が、旅人に好評を得て、いつしかこの茶屋は「おきん茶屋」、餅は「おきん餅」と呼ばれるようになった。この餅の特徴は、なんと言っても絹肌のような柔らかな舌触り。また個別包装になっていることもあり、数日たってもお餅がやわらかいままで、美味しくいただける。

基本情報

ジャンル お土産
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP