ろせつもなか|和歌山県

ろせつ最中

長沢芦雪が生涯使った落款『魚』をそのまま、風情を添える最中に

概要

江戸時代に活躍した円山応挙が、交流の深かった串本町無量寺の愚海(ぐかい)和尚のために、自分の絵を高弟『長沢芦雪(ながさわろせつ)』に持たせた。芦雪は、南紀を訪れ滞在中に多くの絵を残した。無量寺にも「虎図」をはじめ多くの絵が応挙の絵とともに保管され、「応挙・芦雪美術館」として多くの人々に観賞されている。これらの名画に深く心を打たれた先代が、菓子としても世に残そうと芦雪が生涯使った落款『魚』をそのままに、風情を添える最中にしたもの。

基本情報

ジャンル お土産
地域 和歌山県白浜・那智勝浦・串本
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP