せきのと|三重県

関の戸

鈴鹿の峰に降り積もる雪をモチーフに和三盆で化粧した関の餅菓子

概要

昔の街並みが今なお大切に保存されている町、関。宿場町として栄えたその町で、寛永時代から作り続けられている銘菓が「関の戸」である。赤小豆のこしあんを薄くのばした白い求肥皮で包み、阿波特産の和三盆をまぶした「関の戸」は、関の町を見守る鈴鹿の峰に降り積もる雪をイメージして作られたと言われている。素朴な餅菓子ではあるが、甘すぎずとても上品な味わい。長きに渡り、ひとつひとつ丁寧に丹誠込めて作られた「関の戸」は実に繊細である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 三重県津・松阪伊賀尾鷲・熊野伊勢・志摩・鳥羽四日市・桑名・鈴鹿
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP