むらさきうに|北海道

ムラサキウニ

奥尻島や積丹半島など、北海道各地の自然でおいしく育った天然物の”ムラサキウニ”

概要

濃い紫色で太く長いとげを持つ”ムラサキウニ”。日本沿岸では最も目にする機会が多いウニであり、北海道奥尻島の名産である。奥尻島でのムラサキウニの漁は毎年7月から1ヶ月間だけ解禁され、その期間ならば”函館の朝市”などで奥尻産のムラサキウニがみかけられる。ムラサキウニの味は濃厚さが前面に出過ぎない上品なもので、比較的食べやすいのが特徴だ。奥尻島にある”うにまる公園”には、特産品のムラサキウニをかたどったシンボルモミュメントがあり、ご当地へ行った際はこちらもチェックしてもらいたい。 ムラサキウニは積丹半島でも漁が行われており、こちらは6月が解禁日だ。ムラサキウニは「白ウニ」に分類され、バフンウニなどの「赤ウニ」と比べると色味が黄色っぽい。生うにとしては広く食べられる種類である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP