かいらくえん|茨城県

偕楽園

概要

1842年(天保13)年、徳川斉昭が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開いた。当時の面積は14万8,000平方メートル、その大半を梅畑としたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいであった。1873年(明治6年)、常磐神社(光圀・斉昭を祀る)の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっている。園内の梅は約3,000本、品種が豊富なことでも知られ、早春にはたくさんの観梅客で賑わう。ほかにツツジやハギも植えられ四季折々花の香りに包まれる。園内には、偕楽園開園の由来や使用規定を記した偕楽園記の碑、水戸八景の一つ僊湖莫雪の碑、正岡子規の句碑など、たくさんの碑が点在している。杉林の崖下には茶の湯に使った吐玉泉が、今も大理石の井筒からこんこんとあふれている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 茨城県水戸周辺
住所 茨城県水戸市常磐町
電話番号 【問合せ】TEL:029-244-5454 ; URL:http://www.koen.pref.ibaraki.jp
営業時間 開園:2月20日~9月30日6:00~19:00 / 開園:10月1日~2月19日7:00~18:00
定休日 休園:無休
料金 【備考】 *無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築庭年代2】1842年(天保13年)

偕楽園へのアクセス

水戸駅からバスで20分

PAGE TOP