さんぺいじる|北海道

三平汁

北海道の郷土料理は、心も身体も優しくほわっと温めてくれる

概要

”三平汁”は、北海道の郷土料理でニシンの糟漬けや塩鮭と野菜を合わせて煮た塩汁。名前の由来は、松前藩の殿様が奥尻島に漂着した際、三平という名の漁師が貯蔵野菜と塩蔵ニシンの煮込み汁を作って食べさせたことから、その名がついたといわれるが、諸説あるようだ。現在の三平汁は、塩漬けや糠漬けの魚だけでなく、その季節の魚が使われたり、塩味だけでなく味噌味や酒粕入りなどバラエティに富んでいる。呼び名も、「春三平」「たら三平」「ささげ三平」など、季節や使われる魚、野菜などで変わるようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP