さばのにつけ|大阪府

サバの煮付け

新鮮なサバが入手出来るこそのあっさり仕立て

概要

サバ、白髪ネギなどを、酒粕などで煮る料理。味噌を用いる際は白味噌が用いられる。
大阪では醤油ベースの出汁で煮付けられることが多い。その理由は、サバの産地である福井県から京都府への流通経路のおかげで、新鮮なサバを入手しやすく、甘みのある味噌よりもしょうゆが味付けに適していたと考えられたようだ。箸を入れるとスッと切れる程にやわらかくなった煮付けは、ふわっとした食感とともに口のなかで崩れ、出汁の味が広がっていく。お酒やご飯のお供にピッタリで、家庭の味として人気が高い。

【歴史・由来】
たくさんのサバが水揚げされる福井県から新鮮なサバを入手しやすい背景から、大阪府のサバの煮付けは濃厚な味噌仕立てではなく、さっぱりした味付けが主流となり定着したと伝わる。

【食べるシーン】
ご飯のお供、酒の肴として。

【作り方】
下ごしらえしたサバを、醤油と砂糖、みりん、出汁などで煮る。

【提供店】
大阪府の割烹料理屋、居酒屋や定食屋。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP