にっさとねぎ|栃木県

新里ねぎ

曲げて育てることで、自然の甘さが引き出される!お鍋に最適

概要

地下水位が高く、畑に十分な深さがとれない土地では、ねぎを寝かせるように植えなおしながら育てる。寝かされたねぎは日光を求めてまっすぐに生長しようとするため、少しずつ曲がり、収穫時には大きく曲がった”曲がりねぎ”となる。この栽培法は植えなおす手間がかかるものの、生長過程のねぎにストレスをかけることで、自然の甘みが引き出されるという特徴があるようだ。栃木県の新里地区で作られている曲がりねぎは”新里(にっさと)ねぎ”と呼ばれ、熱を通すと甘みがさらに強くなることから、鍋の定番の具材として地元でも人気だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県宇都宮
1月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP