かすじる|大阪府

粕汁

酒処に根付いた食文化は美容健康の強い味方!

概要

日本酒の製造工程でできる酒粕と味噌で作る汁物。サケやブリ、ダイコンやニンジン、油揚げなどを具とする。

【歴史・由来】
平安時代に編纂された「万葉集」の一節に「糟湯酒(かすゆざけ)」というアルコール度数の高い飲み物が掲載されており、これが粕汁の原型と伝わる。正月行事が終わる節目の日とされる1月20日に、残った魚の骨や頭で出汁を取り、日本酒を作る時に出る酒粕と味噌、余り物の食材を用いて粕汁が作られるようになった。

【食べるシーン】
寒い日に日常的に食べられる。

【作り方】
・下ごしらえした食材を、出汁や酒で煮る。
・味噌と酒粕を溶かしながら入れて完成。

【提供店】
大阪府の割烹料理屋や日本料理屋。難波にある大黒など。



基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP