かてめし|埼玉県

かてめし

白いご飯に味付けされた野菜などの味付具材を混ぜ込む郷土料理

概要

秩父地方の郷土料理。見た目は炊き込みご飯によく似ているが、最初から野菜や調味料を入れるのではなく、炊き上がった白ご飯に少々濃い目に味付けをした具材を混ぜ込む料理。米が貴重だった頃、かさ増しするために野菜の煮物を混ぜたのが始まりと言われる。「かて」とは、秩父地方で混ぜるという意味があり、季節や地域によって、混ぜ込む野菜に特徴がある。1月の山の神、ひなの節句、八十八夜、七夕さま、お盆の入りなどに作る行事食で、山菜を入れた山菜かてめし等もよく作られる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 埼玉県秩父・長瀞
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP