ほっかいどうのさけ|北海道

北海道のサケ

海の宝石イクラもたんまり楽しめる函館の”サケ”

概要

北海道でとられる魚の代表格で、毎年9月に漁が解禁されてから4ヶ月弱の期間で2000トンを越える漁獲量がある。サケは9~10月に産卵のためにうまれた川へ戻ってくる習性があり、そこを定置網で捕まえられる。この時期のサケは”秋鮭”と呼ばれ、メスが持つイクラが最大の魅力だ。この時期以外にも、サケはしばしば定置網にかかるが、こういったサケは「時期を間違えて戻ってきた」という意味で”ときしらず”と呼ばれる。未成熟な”ときしらず”は”秋鮭”よりも脂がのっていることが多く、身自体の味の評価は高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道函館
9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP