もり・ほくとさんきゅうり|北海道

森・北斗産きゅうり

季節によって、様々な産地の味が楽しめる函館エリアの”きゅうり”

概要

例年4月頃から出荷される森町の”きゅうり”は、毎年11月下旬から12月上旬にかけて苗床から畑に移され、冬場をハウス内でじっくりと過ごすことで、促成栽培されたものとは段違いの旨みとみずみずしさが出るといわれ、市場でも評価が高い。北斗市で栽培されている”きゅうり”は、皮が柔らかく、生長が旺盛な「プロジェクトX」という品種。夏に畑に植えられてから1ヶ月ほどで収穫が出来るようになり、1株から60~100本ほどとれるという。皮が柔らかく、みずみずしい食感がサラダにぴったり。夏バテ予防にもおすすめだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP