ほくと・ななえさんほうれんそう|北海道

北斗・七飯産ほうれん草

夏と冬で違った味わいが楽しめる北海道の”ほうれん草”

概要

北海道の北斗市や七飯町で栽培されている”ほうれん草”は、年を通して全国へ出荷されており、特に6~8月の夏の時期は”ほうれん草”の暑さに弱いという特性から、北海道以外の地域の出荷が鈍り、北海道産の”ほうれん草”が全国的に大きな割合を占めるようになる。また近年は、冬にあえて寒風にさらしながら育てられる”ちぢみほうれん草”も人気がある。”ほうれん草”に低温ストレスを与えることで、葉が厚く育ち、本来の甘さをより感じられるとのことだ。冬の時期には、ぜひ食べてみて欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP