たらしやき|埼玉県

たらし焼き

農作業の合間やおやつに食べた、生地をたらして焼く小麦粉料理

概要

埼玉県の秩父地方を中心に、菓子があまりなかった頃、農作業の合間や、おやつに食べた小麦粉料理。作り方は小麦粉に味噌、細かくきざんだネギや青ジソを加え、水で溶いたら鉄板にたらし、こんがりと両面を焼くだけ。生地をたらして焼くから「たらし焼き」と呼ばれるようになったと言われている。今でも根強い人気があり、しょう油や砂糖、ゴマなどで味付けを変えてみたり、桜えびや、ふきのとうなどの旬の野菜を混ぜこんだりして、各家庭の味として引き継がれている。たらし焼きをゴマ味噌であえて、ゴマ和えにすることもある。

基本情報

ジャンル お土産
地域 埼玉県秩父・長瀞
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP