だいほうはちまんぐうほんでん|茨城県

大宝八幡宮本殿

概要

旧県社。祭神は誉田別命(応神天皇)・足仲彦命(仲哀天皇)・気長足姫命(神功皇后)の三柱。  社伝によると、大宝元年(701)、藤原時忠が筑紫の宇佐八幡宮を勧請創建したといわれるが、天台宗の古い写経の奥書に「治承3年(1179)己亥7月22日未時書了於常陸州下津間郡八幡宮書了 兼智」とあるから、平安末期にはすでに八幡信仰が盛行していたことがわかる。  本殿は、天正5年(1577)に下妻城主多賀谷下総守尊経が建立したことが、本殿回廊の高欄擬宝珠によって知られる。三間社流造。建ち上がりも高く、柱も太くて、どっしりした重みを見せているが、これに比べて組物は小柄で複雑に組合わされ、桃山時代の地方的建築のありさまを示す貴重な遺構であり、また、派手な装飾は見られず落ち着いたたたずまいを見せている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 茨城県つくば・土浦
住所 茨城県下妻市大宝667
電話番号 【所在地】TEL:0296-44-3756 ; FAX:0296-43-2286 / 【問合せ】TEL:0296-22-3756 ; FAX:0296-43-2286 ; URL:http://www.daiho.or.jp/index.htm
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【管理者】大宝八幡宮

大宝八幡宮本殿へのアクセス

関東鉄道常総線大宝駅から徒歩で5分

PAGE TOP