ゆきな|山形県

雪菜

雪の中で生長する野菜。強靭な生命力が宿る花茎(とう)を味わう

概要

”雪菜”は雪の中で育つ珍しい野菜。8月下旬から9月上旬に種をまき、成長した株を11月に土から抜きとる。抜きとった”雪菜”は、10株程度を1束にされ、地面に立てて並べられた後に、周囲をワラで囲う「床寄せ作業」を施され、約40日間を雪下で過ごす。1月の収穫時期になると”雪菜”は30センチ程に生長し、食用となる花茎(とう)の部分を収穫される。”雪菜”は、生の時はサラダに向いた甘味があるが、熱湯に通すと漬物等に適した独特の辛味がうまれ、その味をいかせる”ふすべ漬”等の漬物に加工される。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP