いわつきねぎ|埼玉県

岩槻ねぎ

噛むほどに甘みが広がる、ビタミン豊富な希少食材

概要

噛めば噛むほど口の中に甘さが広がる岩槻ねぎ。青身部分が短く、白身部分が緑色を帯びているという特徴を持ち、ねぎ1本を丸ごと料理に使える柔らかさが最大のウリ。しかし、傷がつきやすく、日持ちしないという弱みから流通が難しく、生産量が年々減少し「幻のねぎ」とまで言われるようになった。岩槻ねぎは長ねぎに比べて、ビタミン類が豊富に含まれている等、優れた点もあり、近年では埼玉県のご当地食材として盛り上げようと、「岩槻ねぎ塩焼きそば」をB級グルメのコンテストに出展するなど、アピール活動が盛んだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 埼玉県大宮・浦和・鴻巣
1月 2月 3月 4月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP