あおばた|宮城県

青ばた

翡翠色の完熟豆は、ずんだやひたし豆など郷土料理に欠かせない

概要

夏に収穫される大豆の一種で、外見と中身が鮮やかな翡翠色(緑色)をしていることから”青ばた豆”とも呼ばれている。大粒でやや平べったい形をしており、クセのない強い甘みを持つことから、和、洋を問わず、様々な料理で幅広く使われ、そのままゆでて枝豆のようにつまみにするといったシンプルな食べ方から、きな粉に加工されたり、鮮やかな色をいかして、宮城県の郷土料理に使われる”ずんだ”のもとにされたりと多様だ。地元では、煮豆にしてしょうゆで味を調えた”ひたし豆”が人気。甘さとしょうゆの味わいが絶妙でクセになる味だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP